おすすめ「ファイル名のつけ方」

原稿をいただく時に 最初ファイル名が

番組原稿.txt
で、これが完成原稿ならいいのですが、
修正が入る度に、同じ名前で送る方がおられます。
また 番組原稿_新.txt 番組原稿_最新版.txt 番組原稿_修正.txt 番組原稿_再修正.txt 新番組原稿.txt 最新原稿.txt 最終原稿.txt 最終の最終原稿.txt もう、どれが最新なのかわかりません(-.-;
毎日多量のデータのやりとりをしている者にとって 混乱がおき、二度手間が発生したり、とても危険な状態です。

一文字一句 間違いの無い原稿というものは、ほぼありません。是非 ファイル名の付け方を改善していただきたいと思います。
要はバージョン番号(リビジョン番号)を付け加えるのが良いです。
丸会_番組原稿_01.txt 区切り文字「-」(ハイフン)か「_」(アンダースコア)どちらを使うかを決めておきます。
日付を入れるのもありです。入れる場合は西暦8桁を半角数字で。 20210505番組原稿01.txt これは2021年5月5日開催の番組の原稿の一番目のこと 数字は1.2.3・・・ではなく 01.02.03
20210505_丸会_番組原稿_01.txt これは2021年5月5日丸会(プロジェクト名)の番組(コンテンツ)の原稿の一番目のこと
フォルダで管理し、探す時に便利な名前の付け方は 番組原稿-丸会20210505-01.txt
ファイル名の途中に空白は入れないこと。プログラムによっては空白がエラーになります。 全角の空白と、半角の空白を2個 は、PCから見るとまったく別ものです。
そして今は日本語で問題ないですが、 PCとしては Bangumi-Marukai20210505-01.txt 半角英数字で統一するのが、安心な面があります。
昔は日本語をファイル名に使い、データをやりとりすると、文字化けやらエラーやら出て大変でした。 日本語入力のできないPCで使いたいファイルを探す時のことを想像してみてください。
とまぁ、つまりファイル名のつけかたルールを自分なりに考えてみてください。 ファイルを探す時間が短縮でき、抜群に効率がよくなります。
同様にフォルダー名のつけかたも考えてつけてくださいね。